歯科のやりがい見つメディア 【山口県版】│キャリデン
歯科のやりがい見つメディア 【山口県版】│キャリデン » 【やりがいリアルボイス】歯科医・歯科衛生士って実際どうなの? » 患者様のために、新領域への“研鑽”を続ける歯科医師

患者様のために、新領域への“研鑽”を続ける歯科医師

目次

歯科医のスキルや知識を高めやすい環境が整うクリニックが、山口県山陽小野田市にあります。それが、「公園通り歯科」。ユニット7台を誇る地域でも大規模なクリニックで非常勤として働く歯科医師S先生にインタビューをしています。

歯科医師プロフィール

  • 名前:Sさん
  • 年齢:31歳
  • 歯科医のキャリア:6年目

総合病院で働く傍ら、非常勤として公園通り歯科で診療されているS先生。総合病院とは違う治療内容や、洗練された接遇面にも大きな刺激を受けているようです。

公園通り歯科という環境や磨けたスキル、S先生自身の今後の夢など、お話しいただきました。

新しい知識や技術が導入されている

--S先生が考える、歯科医のやりがいとはなんでしょうか?

口腔内の状態を改善することで、全身への健康につなげられることです。研修医の時代から総合病院で全身疾患の患者様と接する機会が多かったので、患者様ご自身で口腔内の衛生状態を保てるようになることを大事にしています。

症例の範囲が幅広く、スキルアップしやすい

--現在の環境はスキルアップしやすいと感じますか?

一般歯科治療に限らず、矯正歯科やホワイトエッセンス、口腔外科治療など、症例の範囲が幅広いため、スキルアップにつながりやすいと思います。必要な設備もそろったうえでCTやポータブル撮影機を導入されていますし、最近は位相差顕微鏡も購入し、さらに改善されていると思います。環境は申し分ないです。

新しい知識や技術が導入されており、スキルを向上するため日々新しいことに取り組まれています。ニッケルチタンによる根管治療は現在主流ですが、私自身扱ってこなかったため習得する機会ができ、うれしく思います。

--キャリアアップという側面ではいかがでしょうか?

非常勤で勤務歴が浅いため、スタッフの皆様を見て感じることにはなるのですが、衛生士さんへの幹部教育を積極的に取り組まれており、スタッフのキャリアアップにつながるシステムが築かれていると思います。休診日の水曜日には不定期で経営に関する勉強会や研修が、別途設けられています。

円滑に診療が進むように協力し合う環境

どんな相手にも敬語や丁寧な対応を崩さない

--公園通り歯科の魅力のひとつがチーム医療かと思いますが、それを実感する場面を教えてください。

トラブルが起きた際すぐに全体への伝達が行われ、臨機応変に優先順位をつけて全体で円滑に診療が進むように協力しているときです。痛みや装置の破損などにより急遽受診希望のご連絡がある場合はインカムによる放送で通知、予約の状態を見つつ適宜対応しています。

患者様への対応がとても丁寧で、接遇がしっかりしています。患者様への敬称はつねに「様」で、通院歴が長い患者様に対しても敬語や丁寧な対応を崩しません

--スタッフさんとのやりとりは先生ご自身もしやすいと思いますか?

スタッフ間の関係性は良いと思います。まだ勤務して1年未満ということもあり、要望をお伝えしたことはあまりないのですが、言いにくい雰囲気はまったくありません

--ワークライフバランスはとれていますか?

休みの日は趣味に興じ、心身ともにリフレッシュできています。都合上勤務の予定が急変することが多く、大変ご迷惑をおかけしているのですが、丁寧に対応していただいているのでとても感謝しています。

サービス残業などは一切なく、ほぼ終業時刻どおりに終わっています。

指導体系がしっかりしていて、挑戦したい気持ちになる

 

--そういった環境をつくってくださる河村院長との面談では、どういったお話をされていますか?

お伝えしたいことがあるときはとても助かっています。非常勤のため月1回ではなく不定期にお話させていただいておりますが、自分が対応に困った症例などについての対応方法や、私のやり方についての改善点を教えていただきました。

見習うべき細かいところまで追求するスタイル

--院長先生はどんな方でしょうか?

几帳面で丁寧な方です。治療のやり方、スタッフ、経営に関して細かいところまで気にかけ行動されています。

たとえば環境面や感染予防のためにたんぱく分解除菌水、ポイックウォーターといったさまざまなものを取り入れて多方面からアプローチしたり、接遇のために時間をとって研修を行い、お辞儀や言葉遣いなどの教育を徹底しています。

治療は常に論理と経験に基づいており、基本を重視しています。とくにどの症例も細かいところまで追求していくスタイルは、私自身見習わなければならないと強く感じます。

--公園通り歯科に勤めることで、ご自身の中で変わったことはありますか?

指導体系がしっかりしているので、これまで行ったことのない治療に積極的に挑戦したい気持ちが以前よりも強くなっています。ポジショニングやミラーテクニックは少し向上したと思いますし、まだ習得には至っていませんが、インレー形成、初診対応などについて少し学べました。

これらは院長より模型実習を経て、実践させていただきました。主訴を第一に口腔内の状態全体を把握していくことに加え、基本を忠実に工程など細かい部分を丁寧に仕上げることを学びました。

--最後に、ご自身のキャリアで達成したい目標、夢などあれば教えてください!

今まで自分が行ったことがない分野に挑戦し、一つでも多くの技術を身につけていきたいと思います。学生時代苦手意識が強く、あまり積極的にかかわってこなかった矯正治療に今後挑戦してみたいと思っています!

--本日はありがとうございました!

苦手を克服し、チャレンジしたくなる歯科医院

現在非常勤として働くS先生は、学生時代に苦手だった矯正治療に今後挑戦しようと考えているようです。このチャレンジ精神がくすぐられたのは、マニュアルや設備が整った公園通り歯科の環境に加え、基本を忠実に細かいところまで丁寧に仕上げる河村院長のスキルや姿勢だったのはないでしょうか。公園通り歯科はスキルアップしたいという前向きな気持ちが芽生えやすい環境であり、それを全面的にバックアップしてくれる院長ならびにスタッフが揃っています。

このサイトの取材協力は・・・山口県の公園通り歯科

山陽小野田市にある公園通り歯科は、「人」を財産と考えるクリニックです。
この考えは患者様のみならずスタッフに対しても同様で、財産たるスタッフのために重視しているのが「教育」と「働きやすさ」
教育環境としては、知識・経験が0であっても、スキルアップしやすいように、アプリや動画にくわえ、テキストによるマニュアルや経験豊富なインストラクターによる研修制度などを提供。
また、働きやすさについては、月5時間程度の残業や有給消化率100%といった取り組みに力を入れています。
分業体制によって、ひとりひとりが専門性の高い知識や技術を身に着けて「主役」として輝きつつ、しっかりと休みも取りながら、やりがいも実感できる場所、それが「公園通り歯科」です

公園通り歯科イメージ